なおやんの 手記手記 しゅっき~

タメになった ねえ〜

ブログタイトル

Peach航空 搭乗マニュアル Part3

旅行先の選定

Part3では旅行先の選定に対して役立つ情報を記載する

旅行慣れしてる人にはなんら目新しい情報はないけども一応書いておく程度

 

ここでは各路線の行き先を独自の指標で評価することで、まずどのような路線があるのかの紹介、またその路線の魅力度・使いやすさを伝えればと思う

前提条件

・評価指標は以下の6つとする

 

①最大現地滞在時間(1泊)

現地に1泊したとして、最大でどのくらい現地に滞在できるか

★が多い方が滞在時間が長い

※計算式

⇒(旅行先での最も遅い便の現地出発時刻)ー(旅行先への最も早い便の現地到着時刻)+24時間

※正確にはチェックインの時間や空港までの移動時間があるため、現地で観光できる時間はそれより短くなる

 

②ダイヤの使いやすさ

関空から出発する旅行者目線で、使いやすいダイヤになっているかどうか

★が多い方が優れている

※1泊2日での旅行を想定した評価

※朝の出発時刻も早ければ早いほど良いというものではなく、例えば朝7時00分発の鹿児島便よりも8時20分初の宮崎便のほうが使い勝手が良いことから、宮崎便のほうが評価を高くしている

※到着時刻も然り 遅ければ遅いほど良いわけではない

 

③人気度

主観的感覚による路線自体の人気度

★が多いほうが人気が高い

 

④繁閑の差

主観的感覚による繁忙期と閑散期の価格差

これは差が大きければ穴場シーズンがあるということであり、少なければわりかしいつも高いかいつも安いかのどちらかになる

この評価はどちらが優れているということはない

 

⑤空港→都市部のアクセス

旅行先の空港からその空港近辺の都市部へのアクセス時間・利便性

★が多い方がアクセス時間が短い・利便性が高い

※タクシーは想定せず、鉄道かバスでの移動を想定

※都市部は各空港が所在している都道府県の県庁所在地の中心駅へのアクセスと設定(釧路空港のみ釧路駅に設定)

 

⑥他交通手段に対する優位性

⑥-1.速達性

その旅行先への最も速い他交通手段と比較したとき、速達性がどれだけ優れているか

★が多い方が優れている

⑥-2.料金

その旅行先への最も安い他交通手段と比較したときの、料金の優位性

★が多い方が安い

※⑥-1.⑥-2.ともに他交通手段の出発地は大阪駅、目的地はその空港が所在する都道府県の県庁所在地の中心駅とする(釧路空港のみ釧路駅に設定)

※新千歳、釧路の料金は新幹線利用時の料金に設定(他に安く済ますことができる移動手段もあるが、到着まで2日かかるなど現実味に欠ける)

 

①~⑥は対象空港同士を比較した場合の相対評価になる

③と④は主観的感覚が用いられている

 

・対象路線は国内線のみであり、個人的に搭乗の機会が無さ過ぎることから成田・奄美・沖縄・石垣は省いている(4月時点で松山航路が運休中なので松山も省く)

 

・各空港、書きたい項目についてだけ説明する

 

・個人的相場は

「買い」:迷うことなく買う料金

「悩む」:諸条件により買ってもいいかな~くらいの料金

「多分買わん」:その他の移動手段が何も無いときや日程的制約があるとき以外は買わない料金

 

 

1.新千歳

f:id:buffaloes24:20200501174650j:plain

※備考欄

(T)=鉄道、(B)=バス、(F)=フェリー

 

 

初っ端から王者新千歳

路線評価も全てにおいてレベルが高い Peachの稼ぎ頭の王道路線

 

・繁閑の差

閑散期は3~4月と10~11月

感覚としては休日でも片道4000円~8000円くらい

北海道に温泉・ご飯・ショッピング目当てで行くなら閑散期がオススメ 逆に自然目的で行くなら閑散期の景色は超汚いから覚悟すべし

 

・空港→都市部のアクセス

電車でもバスでもいいけど電車は高頻度で運転されてるから利用しやすい

電車の自動放送が死ぬほどええ声

 

・他交通手段に対する優位性

もちろん陸路で大阪北海道を移動する人間はいないので圧倒的優位といえる

同じ空路ならジェットスター関空新千歳便があるので、Peachの運賃が高いときはジェットスターのHPを覗くのもアリ

 

2.釧路

f:id:buffaloes24:20200501183921j:plain

個人的推し路線は釧路

日本全国を旅行した上で道東がダントツで魅力的な場所やと確信してしまったから仕方がない

しかし不便な点が多数

 

・最大限地滞在時間、ダイヤの使いやすさ

1日1便 これは本当に嘆かわしきダイヤ設定で泣けてくる

1泊で霧多布に行ったことがあるけどめちゃくちゃ慌しかった記憶がある

 

・人気度

釧路人気ないんよね ダイヤ設定の問題もあると思うけど

大衆にこの魅力を知ってほしい反面このまま静かな道東でいてほしいのもある

 

・繁閑の差

連休前と夏だけ急に値段が跳ね上がる

夏以外はオール閑散期やと思っていいくらい

だから狙い目は真冬 2泊以上確保できたら流氷のある知床網走にもなんとかたどり着ける

 

・空港→都市部のアクセス

釧路駅まで割と遠いだけでなく、駅までのバスが飛行機の本数分しか運転されないせいで、行きはいいけど帰りのバスの時間を考えないといけなくなる

で、またこのバスがJR花咲線と連携できてないせいで、根室方面に公共交通機関だけで旅行するのが困難となっている どうにかしてほしい

JR北海道を救ってあげたい反面、釧路はレンタカーでの移動に圧倒的軍配が上がる

 

3.仙台

f:id:buffaloes24:20200501184748j:plain

杜の都仙台 パッと周辺観光地が浮かばないけど自分みたいな温泉マニアにはたまらないスポットがいっぱいある

前職の平日休み時代に割と仙台に行ってたから仙台なんて5,000円あればいつでも行けるもんやと思ってたけど休日は割と値段が上がる

 

・ダイヤの使いやすさ

今年になって仙台発の最終便が大幅に繰り上げとなり、現地滞在時間が3時間ほど短くなってしまった

 

・人気度

仙台なんて人気ないかと思えばめっちゃ人気 みんな何しに行くんか教えて欲しい

 

・繁閑の差

土日に限れば割といつもそこそこの運賃のイメージで穴場の時期も思い浮かばない

 

・他交通手段に対する優位性

さすがに北海道にはなかったが仙台まで下れば夜行バスというものが出現してくる

東京でもキツいのに仙台行の4列は地獄 安いけど割と覚悟がいる

 

 4.新潟

f:id:buffaloes24:20200501190359j:plain

ダイヤの使いにくさと特に用事もないこともあって1回しか使ったことがない(その1回も青森旅行の帰りとかで新潟には寄ってない)

新潟については十日町のネカフェが未だにWindowsXP使ってるとかそんな情報しかないくらい疎いけど、最近は温泉人気と清津峡とか佐渡島とかの映えスポットの台頭で人気が出てきているように思う 知らんけど 

 

・繁閑の差

いつもそこそこ安い 距離の割には安い運賃で飛んでくれる

 

 新潟については僕の友人に新潟オタクがいるのでその方に何でも聞いて 俺はわからん

 

5.福岡

f:id:buffaloes24:20200501191631j:plain

急に飛んで九州へ

中部にも1つくらい空港が欲しいんよな

長野とかがめちゃくちゃ行きにくい

 

福岡はまあ誰が行ってもそこそこ楽しめるやろうし、わりかし安く行けるし旅行初心者にもオススメ

 

・ダイヤの使いやすさ

あくまで22時10分に関空に着いてまだ終電がある人に向けての評価 私の地元への鉄路はとっくに断たれております

 

・人気度

観光地としては人気があるけど、他の交通手段が力を持ってるからPeach福岡便がそこまで人気高いとは思わない

 

・空港→都市部へのアクセス

日本一 神懸かってる 博多まで5分 もはや博多駅に空港が隣接してるようなもん

 

・他交通手段に対する優位性

Peachの記事を書いておきながらこんなん言うのもあれやけど個人的には福岡は船で行きたい

船には露天風呂もあって巨大な橋を下から眺めれるし、着いたら門司ってのも最高

あと新幹線も旅行会社のプランを使えば6,000円~8,000くらい?で乗れるし、福岡は旅行先の魅力に反して個人的相場は低め

 

6.長崎

f:id:buffaloes24:20200501192915j:plain

修学旅行で行ったときは特になにも思わんかったけど大人になってから行くとめちゃくちゃ面白いところ

長崎市佐世保市もおすすめ 街ブラするだけで楽しい

 

・ダイヤの使いやすさ

旅行の日は朝5時に目が覚めるんよ 12時出発まで何したらええねん

結局ここもダイヤのせいで使う機会がない

福岡佐賀長崎周遊の帰りに1回使ったのみ

 

・人気度

ダイヤの使いにくさの割にそこそこ人気なんかしらんけど値段も高い

 

・他交通手段に対する優位性

長崎までの夜行バスがあるなんて調べて初めて知った 料金はPeachと変わらんけど時間を有効に使うには夜行バスのほうが優れてるし今度使ってみよかな

 

7.宮崎

f:id:buffaloes24:20200501194014j:plain

ダイヤが少し変わり、大幅に利便性が向上

宮崎は日南海岸に有名な観光スポットが集まってるから1泊でも十分楽しめる 鶏好きの自分からしたら宮崎のメシが1番旨いし飲んで食って帰るだけでも大満足

 

・繁閑の差

プロ野球のキャンプ前だけ混む あと夏も割と人気

 

・空港→都市部のアクセス

あんま話題にならんけど宮崎空港のアクセスの良さもピカイチ

あと空港から宮崎駅までは特急料金ナシで特急に乗車可能なのも評価できる

 

・他交通手段に対する優位性

さすがに夜行バスはなく、料金面ではフェリーが1番となる

これ乗ったことないからどんな感じか誰か教えてほしい

 

 8.鹿児島

f:id:buffaloes24:20200501194905j:plain

釧路、新千歳の次に好きなPeachの便

自然・温泉・メシ・鉄道 自分の好きな要素が全て高水準

 

・ダイヤの使いやすさ

これを★3にするかどうか迷ったけどやっぱり朝7時はきつい

自分はいつも新今宮のドヤ宿で前泊してからこの便に乗っている

 

・人気度

結構人気が高い 新千歳の人気度を平準化させたような

 

・繁閑の差

あんまりオフシーズンもなく、いつ見てもそこそこする

 

 ・空港→都市部へのアクセス

鹿児島中央駅へは遠いけど霧島方面に観光するにはめちゃくちゃ利便性高い

 

・個人的相場

ちょっと安めに設定してるのはフェリーがあるからで、料金自体は新千歳とあんまり変わらんくらいかも

 

総括

Peach初心者はとりあえず新千歳便を狙ってみてほしい その安さにもビックリするやろうし、手軽に北海道に行くことができる体験をしてしまうと急に行動範囲が広がった気がするはずである

自分自身が旅行にハマってしまったのも就活のときにPeachを使ってしまってからその手軽さに引きずり込まれてしまったのが大きな要因だし、LCCの活用が広がれば旅行人口も増加するに違いない 

 

なんか手間かけて書いたけどこの記事なんかの役に立つ?